神経痛もウザい!でも放置はダメ!

saya0I9A4209072170656_TP_V.jpg
腰痛・肩こりもそうですが、神経痛もウザい痛みですよね。

ただ神経痛は長時間痛み続けるというより、不規則にいきなり出てきりするでしょ?
確かに辛いけれど、その時間を我慢すれば痛みは和らぐ(消えてる)から
ついつい放置したりしてませんか?

神経痛を放置してると周辺筋肉が萎縮します。
萎縮した筋肉は力が入らず体を支えられなくなっていきます。
結果、歩けないとか立てないとかに繋がるのです。
放っておいていいことありませんからね。

さて、このページでは主に神経痛の「原因」を綴ってみます。

坐骨神経痛
腰椎椎間板ヘルニア、梨状筋症候群、変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患の影響で
腰部・骨盤部から足の末端までの最も長い末梢神経に出る痛みやしびれ。
脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などの可能性もあり。


肋間神経痛
椎間板ヘルニアや、事故などでの圧迫・骨折、神経の外傷や病気で、
背中や体の側面部分に突然出る痛み。ストレス・ビタミン不足なども要因となる。


舌咽神経痛
血管が膨張して神経を圧迫することで起こる、食べたり飲み込んだりした時に喉や耳に出る痛み。
脳梗塞、脳腫瘍、脳動脈瘤、脳血管疾患が隠れている場合も考えられるので要注意。


ヘルペス後神経痛
ヘルペス等が治癒し、水疱が消えた後も疼痛が残るもの。
再発を繰り返すときは悪性腫瘍を合併する場合も。

三叉神経痛
血管が動脈硬化等で膨張、脳幹部を圧迫。その影響で顔面に発症する痛み。


カウザルジア
末梢神経の外傷後に鋭い痛みが出る神経痛。


視床痛
脳血管障害の後遺症として障害側に出る


多発神経炎に伴う神経痛
糖尿病、栄養障害、感染症、薬物、中毒、悪性腫瘍、膠原病、遺伝性疾患など原因で、
手足の末梢部に生じ、知覚障害を伴う。


心因性疼痛
神経系に病変がないにもかかわらず痛みを感じる。
ヒステリー、うつ病、分裂病などが原因。


様々な要因で様々な部位に出る神経痛。

緩和法、治療法についてはまた別のページで触れますが
先ずは身体を温めて血流をよくすると緩和効果が高まります。

その意味で温浴はとても効果的で有用な方法と言えます。

自宅にても「湯治」ができます。それは!?










この記事へのコメント