40度で肩こりを溶かそう!

温泉女性.jpg

ご存知の通り、肩こりは筋肉のこわばりと、それによる「血行不良」が元にあります。
面倒くさがりのあなたも、肩こり治したいならお風呂はシャワーだけで済ましちゃダメですよ!

お風呂の温度は40℃。
熱過ぎたり、ぬる過ぎてはいけません。
ぬるいと身体があたたまり難いし、熱いとじっくり入っていられません。
筋肉の緊張やこわばりを解きほぐすには15~20分ぐらい 肩までゆっくり湯船につかることです。
この「ゆっくり温められる」ことこそ「肩こり君」には嫌な事なのです。
40℃(前後)はその最適温なのです。
(42℃までいくとちょっと熱いかも!ですね)
十分お湯に浸かっていると、体がゆっくりじっくりと温まり
筋肉はほぐれ、血行がスムーズになってきます。

「肩こり君」に追い打ちをかけましょう!
じんわり汗ばんで来たらストレッチです。
両腕を上に伸ばしたり、手を後ろに組んで伸ばしたり、両腕を肩に水平に伸ばしたりしながら
「胸を張る」イメージでしてみてください。
要は「ノビ」をしてください。
すると「肩甲骨」がストレッチされています。
その姿勢を10秒ぐらい維持で何度か。
また肩回しを前後にそれぞれ数回。

首の上下左右運動もお見逃しなく!
首回しも左右数回。

連続でしなくて大丈夫。ノルマにもしないでください。
疲れたら40℃のお湯に浸かって休憩してください。
お湯で身体を温めながらラク~にやりましょう。
でも毎日続けてね。
いつのまにか、肩こりは緩和されているはずですよ。



それと、発砲タイプの入浴剤を加えると、なおさら肩こり解消に良いみたいですね。

肩こりにも効く自宅湯治


 寝起きの腰痛・肩こりからの解放

この記事へのコメント