心の在り様であなたも「腰痛持ち」になる

OMG151018220I9A2405_TP_V.jpg

先人曰く「病は気から」。
腰の痛みもその例外に非ず。

腰は「要」ゆえに常に負荷と闘っている
私たちは毎日の生活の中で常に腰を使いながら様々な所作をこなしています。
立つ・歩く・座る・寝る等々・・・その際の頭部や胸部の重さは腰に集中し
腰でそれを支えているわけです。
なので普段から腰にはかなり大きな負荷をかけていることも想像に難くありません。
日常生活の中では前かがみでの作業や動作も多いことでしょうが
特に中腰の状態での腰へかかる圧力は立っているときの3~4倍にもなるそうです。
そのような姿勢で過ごす時間が多い人ほど腰痛になりやすいのは事実です。
パソコン操作時やお風呂でシャンプーしている時など、あなたは前かがみになっていませんか?

「ドーパミン」があなたを守る
さて、それほど大きな負荷にもかかわらず、健康な方は腰痛を感じません。
それは脳に自身の痛みを抑え込む「下行性疼痛抑制系」があるからです。
「下行性疼痛抑制系」とは

脳が痛みの信号を捕らえる→「ドーパミン」(神経伝達物質)を放出→
「オピオイド」(鎮痛作用物質)を放出→脳への痛みの信号を抑える


という働きです。

ストレスが脳を疲れさせると・・・
しかし、ストレスはやはりくせ者なのですね。
長い時間ストレスにさらされていると身体保護のための最初の入り口作業である
「ドーパミン」が放出されにくくなり疼痛抑制が機能不全になる。
その結果、わずかな痛みでも気になってしまったり、痛みが長引くことになります。

実際、何かしらの腰痛をもっている多くの人が「仕事に対する満足度」「上司のサポート」
「週重な労働時間」「日常生活や仕事に支障をきたした経験」について
不満や不安といった問題を抱えていて、
ストレスが過剰にたまっている傾向であるということがわかっています。
更に「また腰痛になるのでは」という不安から過度に腰をかばってしまう「恐怖回避思考」も、
腰痛悪化につながりやすくなります。
だいたいこの思考そのものも心理的ストレスになのです。
腰を思うあまりに、腰をかばい過ぎ体を動かさなくなると、
脊椎や周辺の筋肉の柔軟さが薄れ、髄核がずれた状態で固定され、
痛みが出たり、腰痛が治りにくくなったりもします。

日頃の上手なストレス解消は大切です。
特にあなたが「腰痛もち」なら、「心の癒し」が痛みの強弱に大きく影響することを
覚えておいていただきたいと思います。
裏を返せば「腰痛は心の訴え」の表れだということです。
十分な心の自愛が必要です。

腰痛にも効く「心のやすらぎ」
・好きな趣味やおいしい食事などで「五感」をやすらげる
・内にため込まず、時にはだれかに愚痴でも聞いてもらい、心を軽くする
・「明日は明日の風が吹く」思考で寝るときはぐっすり眠る


腰痛に効く自宅湯治


 寝起きの腰痛・肩こりからの解放

この記事へのコメント